通信制高校の学費とわたしが卒業した年間5万円の旭陵高校

愛知県名古屋市東区にある単位制の愛知県立旭陵高等学校を選択

10年ほど前に県立の普通科高校を2年で退学しました愛知県名古屋市東区にある単位制の愛知県立旭陵高等学校を選択修学旅行や学校祭も行われるので思い出もしっかりと作る事が出来ます

私は、愛知県名古屋市東区にある単位制の愛知県立旭陵高等学校を選択し、先に記述した様に入学金500円と授業料7,000円及び諸経費約40,000円の計約50,000円前後と激安でした。
旭陵高等学校は、私立の様に単位取得がメールによるレポート提出などで完了させる事ができず、1年目は年間30日以上登校する必要があるので面倒くさいと言う生徒も多くいる高校です。
単位取得には、添削指導と面接指導及び試験に合格する必要があり、添削指導では3本?12本のレポートを提出期限内に合格する必要あります。
面接指導は、一般的にはスクーリングと呼ばれる面接指導であり、一般的に日曜日に開講される2種類の面接指導と火曜日に開講される面接を各8回計24回受講する必要がある授業です。
旭陵高等学校は、前期と後期の2期制なので年2回の定期試験に合格する必要がありますが、試験前に添削指導に合格しておく事が試験の受験資格となっています。
私が通っていた全日制の高等学校では、定期試験の平均点の60%が所謂赤点の基準点でしたが、旭陵高等学校では平均点の50%が赤点の基準点と少し楽でした。
赤点点は、試験終了後に追試験連絡票が送付されてくるので速やかに追試験の受験準備を行い、追試験に合格すると定期試験の平均点の50%の点数が与えられます。