通信制高校の学費とわたしが卒業した年間5万円の旭陵高校

修学旅行や学校祭も行われるので思い出もしっかりと作る事が出来ます

10年ほど前に県立の普通科高校を2年で退学しました愛知県名古屋市東区にある単位制の愛知県立旭陵高等学校を選択修学旅行や学校祭も行われるので思い出もしっかりと作る事が出来ます

旭陵高校は、金城学院大や愛知文教大及び愛知みずほ大などの女生徒の大学に加え、名古屋経済大や岐阜経済大学など計11大学の指定校推薦を有しているので頑張れば進学も可能です。
私が在学している4年間は、毎年6月に体育祭が行われていましたが、私が卒業した翌年の2011年から体育祭が無くなってしまい少し残念でした。
他の学校行事には、毎年7月に希望者によって行われる乗鞍高原の夏季宿泊面接指導や毎年1月に行われるひるがの高原の冬季宿泊面接指導が行われ、4年次生の秋には京都方面に向かう修学旅行や学校祭も行われるので思い出もしっかりと作る事が出来ます。
旭陵高等学校は、過去には愛知県立第一高等学校や愛知県立旭丘高等学校などと呼ばれていた学校である事から愛知県立旭丘高等学校の敷地内にある事からサッカー部やソフトバール部及び陸上部など複数の運動部が活動するだけの設備が揃っており、私立に比べて部活動が充実していました。
私は、中学校時代にサッカー部に所属していたのでサッカー部に入部しましたが、怪我をしてしまった事から2年次生の夏に文科部に加入した事があります。
部活は、一般的な学校の部活に比べて自由である事から入部退部が比較的に簡単であり、年次中でも運動部から文化部に移動する生徒も少なくありません。
登下校は、JRや地下鉄など鉄道5社の5割引の割引回数券が利用出来る事から公共交通機関を利用する生徒が多い一方で原付や自動二輪を利用する生徒も多く、私の場合は1本路地裏に民間駐車場を利用して自家用車で登下校しており他にも多くの生徒も同様です。